20201207 50MHz Dipole Antenna

50MHz のダイポールアンテナを設置。2度目のチャレンジ。

アンテナ日和なので Vitamin D をたっぷりチャージできる!

前回はSWRが明後日の値(*)だったけれど、今度はだいぶまともな数値に入った。

IMG_5079-5

IMG_5089-9

IMG_5090-10

そもそも以前は調整環境が悪すぎた。7MHz の設定環境をそのまま使用していたため、あちこち遠くに移動するハメになり疲れてやーめた、と言う構図になっていた。50MHz はアンテナ線の長さが圧倒的に短く、そして軽くなるということもあり、片側の滑車操作だけで線の長さ調節できるよう改善。

それと下の写真の仕組みで、アンテナ長を手軽に長くも短くも調整できるように改善。

IMG_4994-4IMG_4991-1

IMG_4993-3IMG_4992-2

で、次の3点を調整。

  1. 給電点の高さ
  2. V字の角度
  3. アンテナ線の長さ

最初に7MHz からやったのは無謀だったと実感。50MHzの調整しやすさを知っていれば、絶対こちらからやっていた。

その甲斐あってか、完璧ではないけれど、実用になるのではないかなという範疇にSWRが落ちた。

IMG_5086-6

IMG_5087-7

IMG_5088-8

トランシーバーのアンテナチューナー機能も使い、SWR がほぼ1近辺に落ちたので、とりあえず一歩前進。

で、早速、バンド内を聴くが、スペクトラムスコープにもな〜んにも無い!これって 50MHz帯には今は誰も出ていないってことなのか? 無謀でも 7MHz からやったのが正解だったってことなのか?? あらら。。。

IMG_5104-1

(*) 第一回目の調整が明後日の値だった理由

落ち着いて計算すればわかるところを、舐めてかかって、
300 / 50 / 2 = 3 meters
だから、あ、短くてラッキーと浮かれて、3 meters のラインを「2本」作って取り付けてしまった。片側 λ/4 でなくてはならないので、1.5 meters を2本のところを。なぜか 27MHzあたりのSWRが低いなぁ、変だなぁと思いきや。

下の表は  R for Radio 氏のブログ から

9a3ff3d6-1

 

それと以下の原理原則を整理する。

  • 給電点の角度を180°からV字にずらすとインピーダンスを下げ
  • 地上高をλ/4 にすると約73Ωに(*2)
  • 地上高をさらに低くするとインピーダンス下げ

(*2) 下のグラフは日本アマチュア無線機器工業会 2005/08/20 より。これによると約80Ω。まあ参考として。

スクリーンショット 2020-12-18 12.15.49-1

後日、さらにアンテナ長を微調整。その値は以下。もうあと1cm程短くしても良さそうだけれど、まあ、実用上は十分な値かなと。

IMG_5117-1

IMG_5118-2

IMG_5119-3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>