20210125 Dipole antenna ver.2 for 430 MHz

先日、思うような成績が出なかった、ロッドアンテナを使用した430MHz帯ダイポールアンテナの改良版。Version 2。

前回の評価としては、430のλ/2に対して中央部分のコネクターの芯線側とシールド側の構造上からくる長さの違いが影響しているのかも知れない、という仮説を立て以下の改良を施した。

↓写真にある、中央部のコネクター3点を取り外し、ロッドアンテナだけを用いる。

20210125-IMG_5375

↓これは試作品の段階なので、マウント部材は加工しやすい合板を用いる。後、M型コネクター1個。

20210125-IMG_5374-3

 

20210125-IMG_5368

20210125-IMG_5369

20210125-IMG_5370

20210125-IMG_5371

20210125-IMG_5372

 

 

↓必要機材一式。

20210125-IMG_5367

↓全長30cm程度でSWRが下がる。それと、芯線側のロッドアンテナの方を他方より3.5cm ほど長くした方が成績が良い。これはなぜだろう??

20210125-IMG_5373

で、CQを出し、足立区局と2.5W でQSOが成立。RS report は 55-55。ひとまず成功。

考察:

  1. 両サイドの長さが異なる方がSWRが下がるのはなぜか?
  2. 他のアンテナ、例えばデフォルトの豚のしっぽや5/8λロッドアンテナ、Loop antennaなどと比べてどうか?
  3. Portable 性を上げるためには軽量な NanoVNAが欲しい。
  4. アンテナをカメラ撮影用の三脚にマウントしてみたい。

 

 

 

 

 

20210116 Setting the loop antenna for 430MHz band

先の430MHz band 用の Loop antenna、Biconical antenna, Video cam それに Rotator を伸縮マストのトップに設置した。

20210116-IMG_5330

20210121-IMG_7200

20210116-IMG_7188

20210116-IMG_7189

20210116-IMG_7190

↓丁度、航空機が通過。成田空港から離陸し上昇中。右シルバーは伸縮ポールの一部。左オレンジはステーの一部。

20210121-IMG_7196

↓これらのアンテナを下から全景で捉える2台目のビデオカム。

20210116-IMG_7192

↓シャック内のモニタ画面(昼間)。PCモニタ画面ではなく、テレビ信号の画面なので、スマホで撮影すると画面がにじむが、実際にはにじまないスッキリした画面。

20210115-IMG_5292

↑モニタ画面。赤丸印は池袋サンシャイン60ビル。北西方面。

↓池袋サンシャイン方面のリアル写真。

20210121-IMG_7193

↓位置関係は以下で把握できる。

20210121-スクリーンショット 2021-01-21 12.15.25

↓池袋サンシャイン60のアンテナ群。リアル写真。

20210121-IMG_7202

↓小石川消防署のアンテナタワーのステージ。立派な設備。実に羨ましい(笑)。リアル写真。

20210121-IMG_7203

20210115-IMG_5293

↑モニタ画面。新宿&渋谷の西方面。中央は共同印刷の新ビル工事現場。

20210121-IMG_7194

↑よく見ると、中央にかすかに見える超立派なアンテナタワーが気になる(笑)ので調べてみる。リアル写真。

↓あった!市ヶ谷の防衛省だ。おそらく日本一クラスの堅牢なアンテナだろう。

20210121-スクリーンショット 2021-01-21 12.29.26

↓トップの麦わら帽子かUFOのような部分はレーダーコーンか? これが当局の屋上から見えていた部分。

20210121-スクリーンショット 2021-01-21 12.29.55

↓モニタ画面。赤丸印の中に東京スカイツリーもある。南東方面。

20210115-IMG_5294

↓東京スカイツリーのリアル写真。

20210121-IMG_7195

↓モニタ画面。別の Video cam から、アンテナのトップをモニター。オレンジの吹き流しも時々映るので、おおよその風向と風力をリアルタイムでモニターできる。

20210116-IMG_5337

↓夜間モニタ画面。

20210114-IMG_5283

↓夜間モニタ画面。北北西方面。赤丸印は池袋サンシャイン60。

20210114-IMG_5285-2

↓夜間モニタ画面。西から西南西方面。新宿・渋谷方面。

20210114-IMG_5288

↓夜間モニタ画面。赤丸印は東京スカイツリーで、東方面。

20210114-IMG_5289-2

↓夜間モニタ画面。アンテナトップ部分。この映像写真はビデオカムからの赤外線を受光していると思う。

20210114-IMG_5286

20210109 Rotational Loop Antenna for 430MHz Band with a Video Cam

できた!

来週は2アマの試験があるのだけれど、現実逃避型工作は楽しい。

IMG_5271-a8

IMG_5268-a6

IMG_5261-a1

↑ループアンテナを片方に、そしてバイコニカルアンテナとビデオカムを右方向にセットし、それをローテーターに直付けした状態。これをそのままそっくり、伸縮ポールのトップに被せる形で設置する。

↓バイコニカルアンテナとビデオカムの取り付けベースは余り合板。横ブームの十字部分の左右前後のバランスを見ながら適当に配置。

IMG_5262-2

IMG_5263-3

IMG_5265-4

↓カメラの下部からの様子。

IMG_5267-5

↓ローテーター部分。

IMG_5269-7

↓十字金具はループアンテナに付属していたシングルサイドブームパイプのものを流用。今回は反対側にカメラを取り付けるため、ダブルサイドブームパイプが必要になる。外径25mmφアルミ管をモノタロウで購入し、金のこで切り出し、ドリルで穴あけを行う。

IMG_5254-2 IMG_5255-3

↓カメラの取り付け部分はあまり板とサドルバンドと呼ばれる安価な半円形の金具を使用。これだけだと滑るので、ネジをぶち込み回転を止める。隙間はゴムとグルーガンで埋めておくが、これは気休め程度。

IMG_5256-4

IMG_5257-5

IMG_5259-7

↑夜間は赤外線を放射するが、遠くのビルまで届くわけもなく、あとはやってみてどんな景色を見せてくれるか、と言う話。