20210125 Dipole antenna ver.2.0-3.1 for 430 MHz band

先日、思うような成績が出なかった、ロッドアンテナを使用した430MHz帯ダイポールアンテナの改良版。Version 2。

前回の評価としては、430のλ/2に対して中央部分のコネクターの芯線側とシールド側の構造上からくる長さの違いが影響しているのかも知れない、という仮説を立て以下の改良を施した。

↓写真にある、中央部のコネクター3点を取り外し、ロッドアンテナだけを用いる。

20210125-IMG_5375

↓これは試作品なので、マウント部材は加工しやすい合板を用いる。後、M型コネクター1個使用。

20210125-IMG_5374-3

20210125-IMG_5368

20210125-IMG_5369

20210125-IMG_5370

20210125-IMG_5371

20210125-IMG_5372

↓必要機材一式。

20210125-IMG_5367

↓全長30cm程度でSWRが下がる。それと、芯線側のロッドアンテナを他方より3.5cm ほど長くした方が成績が良い。これはなぜだろう??

20210125-IMG_5373

で、CQを出し、足立区局と2.5W でQSOが成立。RS report は 55-55。ひとまず成功。

考察:

  1. 両サイドの長さが異なる方がSWRが下がるのはなぜか?
  2. 他のアンテナ、例えばデフォルトの豚のしっぽや5/8λロッドアンテナ、Loop antennaなどと比べてどうか?
  3. Portable 性を上げるためには軽量な NanoVNAが欲しい。
  4. アンテナをカメラ撮影用の三脚にマウントしてみたい。

—–

Ver.3  その後、マウント部品の整備した。

20210126-IMG_5380

↓水平のブームを伸ばし、左にバランスのためのおもりを配置。

20210126-IMG_5381

↓延長ブームは蝶ナットで着脱式に

20210126-IMG_5383

20210126-IMG_5385

20210126-IMG_5386

↓雲台とのクロスマウント部。

20210126-IMG_5387

20210126-IMG_5388

↓その辺に転がっていたジャンクのマウント部品を転用して。

20210126-IMG_5389

20210126-IMG_5390

20210126-IMG_5391

↓雲台の詳細。

20210126-IMG_5393

20210126-IMG_5394

20210126-IMG_5395

—-

Ver. 3.1 ロッドアンテナを折りたたんで、仕舞い寸法を小さくできるように改造。

20210128-IMG_5404

20210128-IMG_5406

20210128-IMG_5410

20210128-IMG_5409

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>