20210310 Checking out the cables

430 MHz 他の給電線として使用している8D-SFA-Lightとコネクターと半田付けの3点を確認する。

本日は風が強かったので、同種ケーブル総数4本のうち、まずは2本をアンテナから外し、絶縁抵抗値とSWRの2点を測定した。

まずは室内側に 50Ωのセラミック抵抗(20W) を以下のように接続。

IMG_5755-2 IMG_5754-1

#1 430MHz Loop Ant.に取り付けてあったケーブル

IMG_5765-1

 

絶縁抵抗値は1000 MΩ級なので問題なし。

IMG_5756-1

↑ 436 MHz 以上だと、そもそもこのケーブルでは怪しくなる。

↓ 433MHx周辺で50Ωに近くなる周波数は以下の4つ。

IMG_5757-2 IMG_5758-3 IMG_5759-4 IMG_5760-5

 

# 2 430 BC Ant. に使用していたケーブル

IMG_5766-2

絶縁抵抗値は1000 MΩ級なので問題なし。

IMG_5763-6

↑ 430 MHz band で使い物にならないレベル?

考察

#1はまだ良いとしても、#2の数値が悪い理由は何か? ケーブル長はどちらもさほど変わらず、25M>L>20M

現在使用中の残りの2本に、新規1本を加えた、3本をさらに測定し、この2本と比べてみる必要がある。

さらにコネクターを取り付ける前のSWRも測定する価値がある。

ちなみに7MHzで SWRを測定すると、とんでもなく高い値になってしまう。そういう物なのか? それとも何かを考えていないためなのだろうか? さて。。。

追記

以下の3点に答えがあると思われる。

  • 抵抗器は無誘導抵抗器を使用する
  • ワニ口クリップなどを途中にかまさない
  • ケーブル長は測定しようとする周波数のλ/2の整数倍とする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>