Fumiko Suzuki 鈴木史子(vo)

Fumiko Suzuki 鈴木史子 (vocals)

ヴォーカル。戦後の進駐軍時代のジャズバンド世代であり日本の著名な作曲家の浜口庫之助(1917 – 1990)に、高校時代に師事。青山学院大学在学中は学内の音楽同好会でヴォーカルを担当。子育てを経て1984年からジャズクラブを中心にプロ歌手の生活に入る。スタンダード・ジャズを中心にレパートリーは250曲を超える。1987年に1stアルバム「LAURA」を発表、スイング・ジャーナル誌に取り上げられる。同年JR東京駅にて、尾田悟クィンテッドと「駅コン」に出演。1988年芝ABCホールにて、1stコンサート「Keep Shining-1」を公演。1990年赤坂草月ホールにて、猪俣猛とサウンドリミテッドと「Keep Shaining-2」を公演。同年、芸術祭参加オフブロードウエイミュージカル「Taking My Turn 人生はこれからだ」に出演。ジャズ専門誌の人気投票でも毎年上位にランクされ、その歌の実力の評価は高く、多くの熱烈なジャズファンに支持されている。20139月には2000人収容のサントリーホール大ホールにてデビュー30周年記念ソロコンサートを開催。日本のスウィングジャズヴォーカルの王道を行く大御所。