Kiyoshi Kobayashi & His Ukulele Swing Gang キヨシ小林ウクレレスウィングギャング / Mar 24 2018

キヨシ小林 ウクレレスイングギャング

Kiyoshi Kobayashi & His Ukulele Swing Gang

 

今注目をあびている楽器ウクレレ。そのウクレレ界で音楽性&奏法の最先端を走るキヨシ小林のウクレレ&ギターデュオ。ギターを弾くのは息子の小林なおで、ジャズからハワイアンまでのレパートリーの広さと演奏のオシャレ感には定評がある。二人の織りなす演奏は世界も注目。

March 24th

Kiyoshi Kobayashi キヨシ小林(L,uk)

Nao Kobayashi 小林なお(g)

Kiyoshi Kobayashi キヨシ小林(L,uk)

ジプシースウィングのギタリスト、ジャンゴラインハルトを音楽のルーツとする、ギター、ウクレレ、バンジョー、タヒチアンウクレレ奏者であり指導者。

1955年東京都三鷹市生まれ。13歳でクラシックギターの基礎を学ぶ。20歳でプロ活動を開始。高田渡&ヒルトップストリングスバンドの「バーボンストリート・ブルース」でレコードデビュー。武蔵野音楽学院のジャズギター科講師を長年勤める。1985年「東京ホット倶楽部バンド」に参加。CD発表の他、イギリス、フランス、オーストラリア等の海外演奏活動を中心に活動。

フランスの「ジャンゴ・ラインハルト・フェスティバル」に1988年日本人として初めて出場。1993年「ディキシーモダンボーイズ」を結成。 2002年ジャンゴの曲をとりあげたウクレレアルバム「It’s Only A Paper Moon」、同じくジプシースウィングギターアルバム「セ・マニフィック」をリリース。

これまで発表した多くのアルバムのほか、執筆した教則本は数知れず。この分野の第一人者。

Nao Kobayashi 小林なお (g)

14歳からプロギタリストとして父のキヨシ小林のバンドメンバーとなる。その後パリへ渡りマヌーシュ・スウィングのギタリスト、ブルー・フェレに師事。日本では数少ない若手マヌーシュ・スウィングギタリストとして様々なシーンで注目を得され、現在精力的に活動中。