Maria Eva マリア・エヴァ(vo)

Maria Eva マリア・エヴァ(vocals)

Maria Eva hails from the island of Marinduque, Philippines. She’s born to a family of musicians. Her grandfather, father and brothers are all members of a brass band. Her sisters play musical instruments too. Her mother has been very supportive of her singing since she’s small.
She started singing at a very young age and developed her God- given talent by singing hymns and praises as a soloist in churches. She joined and won singing competitions held in different places. Later, appeared on television programs and heard in different radio stations.
Maria Eva came to Japan at the age of 26. She started her career as a singer singing soul and pops music then later on found her niche in jazz music.
Her 1st solo concert was held in 1991 at the Theater Sun Mall. The first CD entitled “Maria Eva’s Club” was released in the same year. Her powerful voice and profound interpretation of the lyrics endow the songs with special meaning.
Maria Eva has firmly established her reputation in the music industry, performing with veteran jazzmen as Yuzuru Sera, George Kawaguchi, Eiji Kitamura, Norio Maeda, among others.  She received a grand prize of  Japan Jazz Vocals Awards 2010.  

 

マリア・エヴァはフィリピンのマリンドゥケ島の出身で、祖父、父、兄弟がブラス・バンドのメンバーとして活躍してきた音楽一家に育ち、子供の頃から教会のセレモニーでソロを歌ってきた。 その後、各地のコンテストで優勝し、テレビやラジオに出演して、プロデビューを飾った。

26歳で来日し、ソウルやポップスを歌ったあとジャス・ヴォーカルに専念し、各地のクラブ、ホテル、コンサート、ジャズ祭などで歌い着実に実績をあげてきた。 91年にはシアター・サンモールで1’stコンサートを行い、CD「マリア・エヴァ・クラブ」で、うまさとジャズ・フィーリング、豊かな声量の歌いっぷりが評判を呼んだ。


都内や横浜、あるいは周辺都市のライブ・ハウスやホテル、学校などで、故世良譲、故ジョージ川口、北村英治、西条孝之介らのスタープレイヤーと共演したり、ジャズ祭では前田憲男や山下洋輔らとも共演している。 その華やかでスイングする歌は大変好評で、マリア・エヴァの力強い唱法とソウルフルなジャズフィーリングは大きな魅力である。
本当の歌を聴いたという満足感とすがすがしさを感じさせてくれる。」(ジャズ評論家 故 岩浪洋三)

2010年、日本ジャズヴォーカル賞の大賞を受賞している。