Nami Ikeda on vocals 池田なみ

Nami Ikeda on vocals

池田なみ

東京都出身。24歳からライヴハウスに通い、いろいろな音楽の要素を取り入れることが出来るジャズに大きな魅力を感じ、ジャズシンガーを目指す。駆け出しでまだほとんど誰にも知られていない頃、ジャムセッションで彼女の荒削りな歌を聴いた聴衆が思わず涙した「事件」が続出、いろいろなミュージシャンに認められ、ジャズシーンに登場することになった。プロとしてライヴハウスやコンサートホール、ジャズフェスティバル等に出演。スタンダードに加え、ゴスペルもカバー。日本トラッドジャズ界プロデュースの重鎮、永谷正嗣氏の目にとまり、2015年、ファーストアルバム「Jazz For Everybody / みんなのジャズ」を発表。

2016年夏、TSDSのスウィングダンスパーティーに全くの飛び入りで1曲歌うと、その身体中から湧き出るリズム感、スウィング感、シャウトパワーでダンサーを圧倒、しばし踊る脚を止め聴き惚れさせ、アンコールまで歌った実力を持つ、破壊力抜群で超ハッピーなシンガー。2017年、ニューオリンズでの武者修行をこなし、さらにパワーに磨きがかかった東京の誇るスーパージャズヴォーカリスト。