Natsuko Furukawa 古川奈都子 (vo)

Natsuko Furukawa 古川奈都子 (vo)

日本でニューオリンズジャズといえば古川奈都子、というくらい「ニューオリンズジャズ」が代名詞のピアニスト&ヴォーカリスト。

5歳でピアノを初め、音楽好きの父親に影響を受けアメリカのヒットチャートと共に育つ。ブームだったフュージョンやStevie Wonderをきっかけにsoul musicなどをあれこれと聞き、キーボードやバンドのアレンジを始める。

大学時代は早稲田大学ニューオリンズジャズクラブに所属。ジャズの入り口 が「ニューオリンズトラディショナルジャズ」だった。当時は手に入りにくかったLPレコードや、アマチュアながら頑固にトラディショナルスタイルを追いかけ続ける多くのミュージシャンに出会い、Jazzの深さ、底抜けな明るさと逃れられない根源的な悲しみが不思議に同居するニューオリンズのサウンドに惹かれてゆく。

ニューオリンズって???が高じて同クラブ卒業と同時に米国ニューオリンズへ。以来、 音楽と人の暮らしが溶け合って時間が進むこの土地が「第2の故郷」となる。年間1~2カ月、長いときは半年以上 をニューオリンズで過ごし、Dirty Dozen、Rebirthなどのブラスバンド、Kermit Ruffin、Leroy Jones、Bob French Original Tuxedo Jazz Band、プリザベーショホールジャズバンドなどと共演、”ジャズアンドヘリテイジフェスティバ ” にも出演。 日本よりもニューオリンズで有名、とまでいわれるようになる。

演奏ジャンルは「ニューオリンズの飲み屋でやってる音楽」。ジャズもゴスペルもスウィングもブルースも、自由気ままに顔を出す 。「日本でニューオリンズを感じていること」をモットーに、素敵な音楽があって、飲んで、食べて、踊れて、楽しくて、ピースフルな気持ちになれる時間を作るのが天職の、スーパー「職人」。

今回の天王洲キャナルジャズでは全ステージの舞台監督を勤めるとともに、自身のスウィングオーケストラでの演奏、さらに一人のヴォーカリストとしても、プレイングマネジャーとして参加する。