Necola New Year Premium Swing Night

Necola New Year Premium Swing Night 2019
January 3rd
4:30 P.M. at the Necola

2019年のネコプレ第1弾、Swing踊初め。しかもバンドは超多忙のスーパージャズギタリスト佐久間和をフィーチャーしたNecola Super4。しかも、どうやらプレミアムな比内地鶏が二羽、飛んでくるようです 😉

Never miss this annual super premium swing night in the begging of a new year!  All the jazz musicians are totally fabulous including the best Hammond organist and a fabulous jazz guitarist in Tokyo. So you can’t stop dancing to them.  There will be nice wines with very yummy whole roasted Hinai-Jidori chickens, one of top three branded chickens in Japan;)

 

Necola Super 4, featuring the best Hammond organist and a fabulous jazz guitarist in Tokyo

Hajime Kobayashi on Organ 小林 創
Yoshiharu Hirabayashi on drums 平林 義晴
Magome Sakuma on guitar 佐久間 和
Yuka Deguchi on vocals 出口 優日

Timetable

16:30 the door will open and 比内地鶏開始!
18:30-19:10 1st set
19:40-20:20 2nd set
20:45-21:30 3rd set

Admission 料金

5,000 yen

予約必須です。Reservation mandatory.
Sign-up お申し込み

Here こちら

Band Leader;
Yoshiharu Hirabayashi on drums
平林義晴

東京都出身。尚美高等音楽学院ジャズ科ドラム課程卒。長年の日本での演奏活動の後、請われて韓国の大邱(テグ)芸術大学実用音楽科教授に就任。2014年秋に日本に帰国、東京での活動を再開。1998年のFrankie Manning の来日時や2000年のFrankie Manning 86 で演奏。米国カンサスシティー名誉市民。

有馬靖彦とデキシージャイヴでプロデヴューし、これまで、ブルースハープの石川二三夫、下田卓KCバンド(初代)、古川奈都子SFC、バンバンバザール、ザ・トラヴェラーズに在籍。今は自身のクァルテットを率いる。古川奈都子ソウルフードカフェでは、Duke Ellingtonのキャラバンのスーパードラムソロが特に名演。古川は彼を評して「Swing時代に生まれていればGene Krupaに負けてない!」。日本のSwing Jazzドラマー界の宝。

Hajime Kobayashi on organ
小林創

東京都出身。ストライド奏法を使った古いスタイルのジャズピアノからモダンなピアノ、ハモンドオルガンまで、どんな奏者ともサウンドする演奏は多くのファンを魅了して止まない。ハモンドオルガン演奏ではクラシカルな真空管のレスリースピーカーを使用し、シミュレーションではない本物のドップラー効果でジャズ好きのスウィングダンサーを虜にしている。

早稲田大学在学中より都内各所で演奏活動をはじめ、全国各地のジャズフェスティバル、ホテル、クルーズでの演奏、メジャーアーティストを含め数多くのレコーディングやライブ、映画音楽、作編曲を手がける。

2013年、日本テレビ系列のドラマ「東京バンドワゴン」でピアノソロを担当。2014年 ビリーホリデイを題材にしたミュージカル、「LADY DAY」においてピアノ演奏と二人芝居の相手役を担当。2016年から2017年にかけ大ヒットとなった星野源「恋」のレコーディングにピアノで参加。

さらにKORGのフラッグシップシンセサイザー「KRONOS」の音色開発にまで関わる。

Nagome Sakuma on guitar
佐久間 和

スウィングジャズ ギタリスト

ジョージ・ヴァン・エプス、チャーリー・クリスチャン等のオーソドックスな伝統的ギタリストに傾倒。画家でジャズ愛好家だった父の影響で幼少よりジャズに親しみ、13歳から本格的にギターを学ぶ。スウィングジャズを得意とし、近年では大変に貴重な演奏スタイルでもあるカッティング・ギター奏法による演奏は、非常に高い評価を得ている。現在、花岡詠二スヰングショッツ、秋満義孝カルテット、角田健一ビッグバンドの他、様々なスウィングユニットで活躍中である。また、GUTZZ+、TRIO ELECTIONの2つのユニットを主宰している。

神戸ジャズストリート、岡崎ジャズストリート、新宿トラッドジャズフェスティバルなど、多くのジャズフェスティバルから招聘され、日本各地で演奏活動を行っている。国内のみならず海外にも活動の幅を広げ、オランダのブレダ・ジャズフェスティバルやアメリカのエルクハート・ジャズフェスティバルにも出演。2015年には、ドイツ、スイス、フランスで約2週間のツアーにも参加し、海外でも人気を博している。

また、劇団四季オーケストラでの演奏、日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団、読売交響楽団のジョージ・ガーシュウィンのプログラムにも参加するなど、ミュージカルやクラシックでの演奏経験も豊富である。

2007年に1stアルバム「SMlLES!」をリリース。2014年にはギターとベースのアコースティックサウンドにこだわったデュオアルバム「MAHZEL -Means Good luck!」を発表した。自身のアルバムの他、多くのジャズミュージシャンのレコーディングにも参加している。

Yuka Deguchi on vocals
出口優日

2006年洗足学園音楽大学ジャズボーカルコース入学。同年、第1回さいたまジャズヴォーカルコンテストにて奨励賞を受賞し頭角を表わす。2010年、同大学全学部を通し首席で卒業。

どこまでも伸びる歌声と小柄な体から繰り出される驚異的シャウトは、踊る者の足を止めるほどの実力を持つ。Ryan & Jenny は「天使の歌声、これぞジャズ・リンディだ」と絶賛。古川奈都子曰く、「彼女の歌声は天性。彼女は天才」。自身のバンド、Jive At Five を率いて活躍中。

さらにネコプレがなぜプレミアムなのかは音楽「プラス」があるからで、この日は日本三大美味鶏の比内地鶏が2羽、秋田県比内町から東京都文京区白山に飛んでくるというウワサが。。

なので予約必須です。Reservation mandatory.