Necola Friday Swing Night with The Cotton Sisters

8/2 金曜 18:30 開場、19:00 開始
August  2nd Friday, The door will open at 18:30pm

Let’s swing-dance to the Cotton Sisters with Natsuko Furukawa Trio! The Cotton Sisters is a winner of Asakusa Jazz Contest 2018. No pre-signup is needed. 4,000 Yen with wine, cheese and soft drinks. Pay in cash at the door please. 

Necola Friday Swing Night。今回は福岡から、昨年の浅草ジャズコンテストのグランプリを受賞した実力&新進気鋭の女性コーラスグループ、The Cotton Sisters が登場。演奏は古川奈都子ピアノトリオ (w/工藤精&田中涼)。

The Cotton Sisters

Masami, Chie and Midori from Hakata, Fukuoka prefecture
Natsuko Furukawa 古川奈都子 on acoustic piano
Sho Kudo 工藤 精 on bass
Ryo Taknaka 田中 涼 on drums

Timetable

18:30 The door will open
19:00 1st set
20:00 2nd set
21:00 3rd set

No sign-up is needed. Pay at the door in cash please.
事前のお申し込みは不要です。当日受付で現金でお支払いください。

Food and beverages 飲み物食べ物

You can bring your food and beverages.
持ち込み可です。あと、ワインとチーズとソフトドリンク、少しはあります(笑)

The Cotton Sisters

福岡市を中心に活動しているスウィングとブギウギの女性コーラスグループ。メンバーは、チバマサミ(リーダー)、Chie、ミドリの三人。1940年代のアメリカミリタリーファッションに身を包み、アンドリューシスターズのナンバーなど、スウィング時代のジャズコーラスを中心に歌う。主旋律、上パート、下パートの担当を固定せずに曲ごとに変え、メンバーそれぞれの個性ある歌声を楽しんでいただけるのが特徴。100組以上が参加する激戦の第38回浅草ジャズコンテスト(2018)のボーカル部門でグランプリ(優勝)を受賞して注目を浴びている。

  • 201310月:前身のコーラスグループを結成
  • 2014年:『中洲ジャズ』出演
  • 2015年:日高潤也率いるビックバンド Advanced Music GalleryAMG、福岡)と共演
  • 20168月:福岡の老舗Jazz club リバーサイドで単独ライブを行う
  • 2018年:The Cotton Sistersに名称変更
  • 201812月:第38回浅草ジャズコンテスト ボーカル部門・グランプリを受賞
  • 20191月:AMG2度目の共演
  • 20198月:上野Jazz Inn 2019 に出演決定
  • 201982日:東京の Studio Necola に初出演決定
  • 20199月:ファーストアルバム「The Cotton Sisters」をリリース予定
Masami (Leader)
Chie
Midori
Natsuko Furukawa on acoustic piano 古川奈都子

Natsuko Furukawa is one of the best jazz musicians in Tokyo as a pianist, vocalist and band leader regarding New Orleans jazz, swing jazz and blues. Her 5-piece band, Natsuko Furukawa and Her Soul Food Café, is well known in Japan as a very professional powerful New Orleans jazz band performing regularly at many jazz clubs, events and jazz festivals not only in Japan but also in the U.S. and Korea.   Tokyo Swing Dance Society features her 7-piece swing jazz unit, Natsuko Furukawa Swing Orchestra, for their big swing events every year.  She does also solo play, duo, trio and the other forms depending on the situation perfectly.

5歳よりピアノを始め、早稲田大学在学中よりトラディショナルジャズを軸にした音楽活動を展開。87年より毎年通っているニューオリンズでジャズエンターテイメントを磨き、ジャズスポットやジャズイベント、テレビ、ラジオで活躍中。超一流のヴォーカリスト、ピアニストであると同時にメンバーの能力を最大限引き出す優秀なバンドリーダー・音楽監督。

東京スウィング・ダンス・ソサエティとの関わりは1998年から続いており、2000年のFrankie Manning’s Millennium Birthday Bashでフランキー・マニングを前に演奏。毎年、ジャズの聖地、米国ニューオリンズ市を訪問し、現地のジャズミュージシャンとの演奏を通して本物のサウンドにさらなる磨きをかけている。カンサスシティーより名誉市民、音楽家協会名誉会員として表彰。海外では米国シカゴのスウィングダンスイベントで公演。また最近は韓国のダンスイベントに呼ばれ、ソウルや済州島スイングフェスティバルで大勢のダンサーを楽しませている。天王洲キャナルジャズフェスティバル2018で音楽監督を勤めた。日本最大のトラッドジャズの祭典、新宿トラッドジャズフェスティバル(年2回開催)では、古川奈都子Soul Food Cafe のユニットとして演奏し、他を圧倒する実力と存在感を示している。

これまで来日した海外の有名なスウィングダンスインストラクターや関係者から、多くの賛辞が寄せられている。

Cynthia Millman, Chazz Young, Ryan Francois, Jenny Thomas, Lennart Westerlund, Sing Lim, Fabien Vrillon, Lisa Clark, The DecaVitas, Mandi Gould ,Jo Hoffberg, etc.

Sho Kudo on bass
工藤 精

北海道出身。両親の影響で音楽が日常にある少年時代を過ごす。中学の時にバンドを結成、エレクトリックベースを手にする。当時のアイドルはビートルズとジャコ・パストリアス。大学進学後ジャズ研に入り、ダブルベースに出会う。98年、広木光一グループ加入をきっかけに上京。その後、日野皓正、鈴木勲、小野リサ、Orange Pekoe、植村花菜など、有力アーティストと共演。現在は、ブルームーンカルテット、Mitch All Stars、松下美千代トリオなどのレギュラーをつとめる傍ら、数多くのセッションに参加している。

Ryo Tanaka on drums
田中 涼

高知県出身。 中学生の時にSteve Gaddに衝撃を受け、ドラムとジャズに興味を持つ。 中学・高校と吹奏楽で活動する傍ら、マリンバ演奏の伴奏や地元の社会人ビッグバンドに参加するなど、演奏経験を積む。 洗足音楽大学ジャズ科を卒業。 ドラムスを池長一美と藤田えり、に師事。 パーカッションも独学で研究している。主な参加バンドは、 新谷健介オノマトペ、高木大丈夫とNo problems。