11/23 Presentation 戦前戦後の日本映画におけるJazzとJazz Dance

Details 詳細

講演&勉強会:

「戦前戦後の日本映画におけるJazz と Jazz Dance」
講師:瀬川昌久(ジャズ評論家、95歳)
主催:Tokyo Swing Dance Society

Presentation:

“Jazz and Jazz Dance in Japanese Movies before and after the Great East Asia War”
By Masahisa Segawa, Jazz Critic. 95 years old.
Produced by Hiro Yamada, Tokyo Swing Dance Society

大東亜戦争(1941-45)の前後、1930-50年代の日本映画における Jazz と Jazz Dance について当時の貴重な映像と音源に触れ、この分野の発掘と研究、著作にかけて日本の第一人者の瀬川昌久先生(95)の解説で理解を深める、大変貴重な機会です。

第1部:First set

「歩道の囁き (1936)」feat. 中川三郎、ベティ稲田
「笑ふ地球に朝が来る (1940)」 feat. タムタムスヰング楽団
「今日は踊って(1947)」 feat. 長谷川一夫

第2部:Second set

「唄くらべ青春三銃士(1952)」 feat. ナカガワツルーパーズ、鶴田浩二
「千万長者の恋人より踊る摩天楼(1956)」 feat. 越路吹雪、中川音楽一家
「歌う不夜城 (1957) 」feat. 江利チエミ、雪村いづみ、越路吹雪、日劇ダンシングチーム

作品の解説参考資料

参加費:2,500円(事前予約)、3,000円(当日)
予約方法:こちらから
事前予約は前日まで。定員がありますので、お早めにお申し込みください。予約で定員になりましたら申し込みの受付を終了することがありますでの、ご了承ください。
* 予約で満席になりました。どうもありがとうございます。

Admission: 2,500 Yen, if you sign up in advance. 3,000 Yen at the door.
How to pre-signup:  HERE

2019/11/23(土曜日)
Saturday, November 23rd, 2019

13:00 pm 開場 The door will open.
13:15 pm 開始 Presentation will start.
16:30 pm 終了予定 The end

会場 Venue
Studio Necola

禁煙イベントです
Please no smoking at Necola.

飲み物等、お持ち込みいただけます。なお軽いお茶菓子はご用意いたします。

Presentation will be done in Japanese.

Facebook links

FB event
FB group of the TSDS
FB page of the TSDS

Masahisa Segawa (left) and Frankie Manning (right)
In Omotesando, Tokyo in March, 1998 

瀬川昌久

ジャズ、ジャズダンス、タップダンス、演劇、ミュージカルの研究、評論、著述家。戦前の日本のジャズ史の発掘、研究、紹介の第一人者。1998年、東京スウィングダンスソサエティ(TSDS)のHiroとともに伝説のリンディホッパー、フランキー・マニングを日本に招聘、リンディホップを日本でリバイバルさせた。 

19924年(大正13年)6月18日、東京生まれ。ロンドン駐在中の父の元、3歳の時に蓄音器でジャズレコードを聴き始める。1943年に東京大学法学部政治学科に入学。1944年の学徒出陣の第二陣で大日本帝国海軍経理学校に入隊。1945年8月、奈良県橿(かし)原にて終戦。南方諸島に取り残されている日本将兵の復員作業に志願し海軍病院船氷川丸に乗船。主計科士官(少尉)として数千人にのぼる衣服食糧医療の手配を行い日本と現地の間を何度も航海した。帰りの船上では軍や医療関係者らスタッフ200人の中に芸人が少なからずいたこともあり、復員兵のための慰問音楽会を企画主催。復員作業が軌道に乗り始めた同年12月、有楽町の日劇と東宝を尋ね、横浜に寄港中の氷川丸での慰問公演を依頼し実現。楽団はセンチメンタルジャーニーも演奏した。

1946年春に復員省を辞任し東京大学に復学。卒業後は銀行員として1950年代にニューヨークに滞在。その間、「Jazz Dance」の著者のマーシャル&ジーン・スターンズのレクチャーを受講。カウント・ベイシー、デュークエリントン、チャーリー・パーカーなど演奏に直に接する。数えきれないほどの著述、講演、音楽イベント、レコードやCDなどのライナーノート提供を行う。また所有する音源と映像のライブラリーは膨大で、その一部の提供を受けてTSDSの Studio Necola にて「瀬川・山田 ライブラリー」として公開し、関連分野の研究者にアクセスできるよう準備を進めている。

代表的著作に
「ジャズで踊って 舶来音楽芸能史 」2005年、清流出版
「瀬川昌久自選著作集 チャーリー・パーカーとビッグ・バンドと私 1954-2014」2016年、河出書房新社
など