SWING DJ に挑戦してみたい方へ

Swing DJに挑戦したい方へ

初級編

  1. ご自分のデバイス(携帯、タブレット、Laptop等)に10曲程度のプレイリストを作成します。楽曲は全てダウンロードします。
  2. 専任のDJに、DJを希望する旨のメッセージを送り了解を得ます。
  3. 当日は、デバイスをフル充電し、フライトモードをON、Wi-FiをOFF、画面の自動ロックをなしに設定し、専任のDJにデバイスを渡してください。
  4. DJプレイは専任DJが行いますが、その間、隣について、操作やプレイ方法などを学習願います。
  5. 全体の観点から楽曲をスキップしたり曲順を変えることがあります。
  6. 性能的に非力だったり不安定なデバイスだと使用に耐えない事があります。OSやAppは常に最新のバージョンに更新してください。旗艦となるPC側のOSや関連ソフトも最新のものに更新しておきます。
  7. 長い曲や、イントロやエンディングをカットしたい場合も、フェードインやフェードアウトを用いてダンス用に使えます。そういう楽曲が含まれている場合は、専任のDJに事前にお伝えください。
  8. 十分に上達されたら、次の段階にお進みください。

中上級&プロ編

  1. 現場でデバイスを2台以上使いこなせる段階です。基本はミュージッククラウドサービスを使用するかと思います。全デバイスに、かけようとする全ての楽曲をダウンロードしておきます。現場ではデータ通信やWi-Fiを使用しません。
  2. クロスフェードを、スライドバーと完全マニュアルのどちらでも構いませんので、この段階で学習します。
  3. 初級編のような決め打ちのプレイリストは使用せず、一曲を掛けている間に次に最適な曲を選びます。
  4. 1デバイスのステレオ出力を独立チャンネルにセパレートするDJ専用ソフトを使用する場合も、バックアップデバイスを1台、用意します。
  5. 会場のPAにもよりますが、基本はモノラルで最終的にSPに出力します。なお、ステレオ>モノラル変換のケーブルは専任のDJ側で用意します。
  6. 当日は、デバイスをフル充電し、フライトモードをON、Wi-FiをOFF、画面の自動ロックをなしに設定します。
  7. 機器操作に熟練された段階でDJプレイは全て貴方にお任せします。プレイ中はDJブースを離れません。初回は30分程度で。2回目以降は応相談。
  8. レコードを使用する場合は、事前に針やヘッドフォンを含むDJ機器や搬入出方法を専任DJと打ち合わせてください。