Swingout Tokyo 2019 / Legends of Swing, Biographies

Biographies

Lennart Westerlund (Sweden)
レナート・ウェスタールンド

現代のリンディホップのリバイバルはこの人物無くしてはあり得なかったかもしれない。

レナート・ウェスタールンドは1983年にリンディホップの存在を知り、すぐにNYに飛び 1930年代のスーパーリンディホッパー、Al MinnsFrankie ManningNorma Millerからリンディホップを習い、彼らと交流を深めた。現代にリンディホップをリバイバルさせルために世界で最初に行動を起したパイオニア。その後ヨーロッパのリンディホップシーンは、パイオニアの彼なくしては考えられない展開をたどる。

1985年、かってフランキーがチームリーダーを務めたThe Whitey’s Lindyhoppers を現代にリバイバルさせたThe Rhythm Hot Shots(現在は代替わりして Harlem Hot Shots)を率い、リンディホップシーンの最前線に躍り出る。1989年、世界最大のスウィングダンスキャンプ、Herräng Dance Campの主催者に就任、フランキーをリビングリジェンドとして招聘、国際的なスウィングダンスキャンプに初めてフランキーを招待し、その後世界各地のダンスキャンプやワークショップにフランキーがリバイバルする先陣を務めた。

2004年、母国のストックホルムに自身のダンススタジオ Chicago Swing Dance Studio を 開き、後進を指導する一方、リンディホップを世界にリバイバルさせたパイオニア、リンディの伝道師、指導者として、現在も精力に世界を飛び回っている。

レナートは一度、忘れかけられたリンディホップを再び世の中に呼び戻しただけでなく、フランキーのスピリッツを世界で最も理解し広めているスウィングダンス界のリジェンド中のリジェンド。

日本の皆さまへのメッセージ:(本ページのビデオメッセージ参照)

From Wikipedia about ‘Frankie Manning’

Revival

In 1982, Al Minns, a former member of Whitey’s Lindy Hoppers, started to teach Lindy Hop at the Sandra Cameron Dance Center, where he introduced a new generation of dancers to the Lindy Hop. Before he died in 1985, he told his students that Manning, another surviving member of Whitey’s Lindy Hoppers, also lived in New York City.

In 1986, dancers Erin Stevens and Steven Mitchell contacted Manning and asked him to teach them the Lindy Hop. Manning at first declined, before finally agreeing to meet with them; he was skeptical that a much younger generation would really be interested in swing or Lindy. However, Mitchell and Stevens returned to California and helped to spread Lindy Hop to the West Coast and other areas of the U.S. Thus, the swing revival began. That same year, Lennart Westerlund contacted Manning and invited him to Sweden to work with The Rhythm Hot Shots. Manning traveled to Sweden in 1987 and returned there every year from 1989 onward to teach at the Herräng Dance Camp.

Lennart Westerlund started out dancing a Swedish form of American Jitterbug in the very early 1980s. In 1983 he came across the Lindy Hop through books and old film clips, and in May the following year he travelled to New York on the look-out for the roots of the dance form. He soon met, studied and started to spend time with old-timers including Al Minns, Frankie Manning and Norma Miller. In 1985 he co-formed the semi-professional and later on highly recognized Swedish dance company The Rhythm Hot Shots (now Harlem Hot Shots), and started to seriously study also tap and vernacular jazz dancing in general. A few years, later the company was in the forefront of the first steps of the revival of the Lindy Hop, and in 1989 they took over the complete administration of the Herräng Dance Camp, and invited legendary swing dancer Frankie Manning to visit his first major international swing dance camp.

When The Rhythm Hot Shots started to receive some serious international recognition during the early 90s, Lennart was one of the key dancers. The company travelled extensively throughout the decade, and was among a handful of other dancers seriously leading the way to put the Lindy Hop back on the map again. At the time, Lennart also established himself as an international instructor, as well as an administrator and background worker at especially the Herräng Dance Camp. In 2004 he opened Chicago Swing Dance Studio in Stockholm, and in 2010, after 25 years, he left the professional performance aspect of the dance, now focusing more on teaching, giving lectures and perform dance demonstrations.

 Lennart is today still a most active dancer, instructor, lecturer, judge and administrator. He divides his time between the Herräng Dance Camp, the Chicago swing dance studio, and traveling around teaching and giving lectures. After some 35 revival and renaissance years of the Lindy Hop, Lennart is one of very few of the pioneers that are still active in the scene. His background and dedicated interest in the Harlem roots of vernacular jazz dancing has positioned him as an important link between the past and the present.

Sing Lim (Singapore)
シン・リム

1998年のフランキーの来日のきっかけはこの人物の存在が大きい。

シンガポール人のシン・リムは1985年から10年以上ロンドンに住んでいたが、1988年にスーパーリンディホッパーのライアン・フランソワと出会い、US Open や ALHC など世界のスウィングダンス界の頂点に立った。その後、自国に戻り、フランキーをはじめとして世界のリンディのリジェンドたちをシンガポールに招聘。特にフランキーに関しては 1998年2月の初来シンガポールから数えて全部で9回におよんだ。1998年3月のフランキーのLindyhop インストラクターとしての初来日の際も自費で東京に駆けつけてフランキーのティーチングパートナーを務めたばかりでなく、そもそも彼女がフランキーのマネージャー&伴侶の Judy Pritchett (桜と一緒の写真) に重要な情報提供をしたことにより、フランキーの来日が決定した経緯がある。東京のスウィングダンスシーンは1998年のTSDSによるこのフランキーの招聘から始まったが、シンの陰日向のサポートがなければ実現していなかったかもしれない。左(PCの場合)に貼ってある彼女のスーパーダンスをご覧あれ。今から25年も前の1994年ののものであり、しかも画質が恐ろしく悪いけれど、そのダンスの切れ味は半端ではないのがよくわかる映像。

シンから東京の皆さまへのメッセージ

太陽が輝くシンガポールからご挨拶させていただきます。今回、伝説のHerrang Dance Camp を率いたレナートやFrankie Manning Foundation のマンディーとともに東京でワークショップを開催できることをとても喜んでおります。私はシンガポールにフランキーを9回招聘しましたが、TSDSはいつでもフランキーの価値とその精神をよく理解し広めている事に感謝しています。

Youtube

Sing is dancing on this youtube video.  It’s a dance jam at Frankie Manning’s 80th Birthday in New York in 1994.  Enjoy her super dancing with also super dance partners.

1:51-2:25 with Ryan Francois in yellow
3:53-4:18 with Angela Andrew in green
7:17-7:39 with Ron Leslie
8:59-9:22 with Angela Andrew in green

Sing Lim found her lindyhop spirit when she met Ryan Francois in London in 1988. This soon developed into a serious hobby, competing and winning trophies in the US Open Swing Dance Championships and the American Lindy Hop Championships in 1992 & 1993 and running Jitterbugs London in Leicester Square every week.

 In 1995 Sing moved back home to Singapore and started a lindyhop scene called Jitterbugs Swingapore. Before long, several instructors including Frankie Manning, Chazz Young, Erin Stevens, Lennart Westerlund, Ewa “W” Burak, Minnies Moochers, visited to teach and perform.

Since then, Sing continues to play an active role in the community, on and off the dance floor. In 2014 she was one of the organizers of Frankie 100 in NYC and in Singapore, she heads a weekly team at Timbre Substation with a live swing band and classes. A mother of 3 kids, she still travels Asia and the world to share her interest in the roots and history of Lindy Hop, while finding time to compete and to coach performance groups like the Pineapple Tarts and the Swing Quarks. She teaches in Herrang Dance Camp for many years, not just for Lindy Hop, but also the Teachers Track.

She counts her influences as Frankie Manning, Chazz Young, Norma Miller and the pioneer dancers of the 1930s as well as the many strong amazing dancers like Angela Andrew and LaTasha Barnes.

Message from Sing to Tokyo

Hello from Sunny Singapore! I am so happy to come to Tokyo to teach with Lennart from the legendary Herrang Dance Camp and Mandi from the Frankie Manning Foundation! Thank you to Tokyo Swing Dance Society for always believing and promoting Frankie Manning values and spirit.

Mandi Gould (Canada)
マンディー・ゴールド

2014年、NYCでの巨大イベント、Frankie 100 をやり遂げたスーパーウーマン

マンディー・ゴールドは現代の世界のリンディホップ界のど真ん中にいるリンディホッパー。カナダのトロントのスウィングダンスシーンにこの人あり。特筆すべきは2014年にNYで開催された超巨大スウィングイベント、Frankie 100を主催した。Frankie Manning Foundation の理事も務めており、世界のリンディホップ事情を少しでも知っているなら、およそ彼女を知らない人はいない。2019年の5月にフランキーの誕生日も兼ねて、リジェンド Lennart らと共に NYで Swedes in New York City という大イベントを主催する事でも注目されている。今回はそのオーガナイジングチームが、直前に来日を決めた。Swedes in New York City のエッセンスを一足先にこの東京でお楽しみいただけるくことに。

Mandi から東京の皆さまへのメッセージ:

今回、生まれて初めて、あの美しい日本を訪れ、東京の皆さまとお会いし、フランキーのメッセージをお届けできることに、大変興奮しています。私は自分の人生においてフランキーから多大な影響を受けました。と同時に、彼から受け継いだスピリットとダンスを皆さまと分かち合う事は大変な喜びであり、自身の使命とすら考えています。では、まもなく東京でお会いしましょう!

The organizer team of Frankie 100

(From right to left)
Sing Lim

Mandi Gould
Tim Collins
Elliott Donnelley

Mandi Gould has been passionate about Lindy Hop since she first laid eyes on the dance in 1998. The highlights of her life were assisting legendary swing dancer Frankie Manning with workshops in 2002, 2006 and 2008. In May of 2014, she was the Overall Producer for the largest swing dance festival of all time, Frankie 100, in New York City, including the show Swingin’ Frankie’s Way at Harlem’s World Famous Apollo Theater. She is also on the Board of Advisors for the Frankie Manning Foundation. Following Frankie’s example, she is dedicated to spreading the spirit of Lindy Hop as a joyful, inclusive, and welcoming dance. Mandi feels strongly that there is no such thing as two left feet, that it’s never too late to learn, and that Lindy Hop is a dance for real people from all walks of life.

Mandi Gould is the original founder of Bees’ Knees Dance in Toronto where she taught as Head Dance Instructor for 16 years. Her dance instruction has taken her across Canada and around the world, in the United States, Switzerland, Sweden, Russia, China, and South Korea. In 2002 she spent time in Saint Petersburg and Moscow where helped with the early development of the Russian Lindy Hop community. In 2003 she managed two North American tours for the Harlem Hot Shots and from 2002 to 2004 she assisted as an administrator for the Herräng Dance Camp, was Herräng’s original DJ Coordinator, and organized the Swing Bus in 2004. She is the co-found of Toronto Lindy Hop. Recently, she organized a special Lindy Hop event at the Rockefeller estate in Tarrytown, NY and is planning Swedes in New York City taking place in May 2019.

From Mandi to Tokyo! 

I am very excited to visit you all in Tokyo! I can’t wait to visit your beautiful country for the very first time and to carry Frankie Manning’s message. Frankie made a huge impact on my life and it’s my pleasure and also responsibility to help share what I can of his spirit and dancing with you. Best wishes from Canada and see you soon!

Special guests on March 17th
3/17 のスペシャルゲスト

Lennart, Sing, Mandi の世界の豪華リジェンドに加えて日本からは、瀬川昌久、秋満義孝、中川裕季子、の3名のリジェンドの先生が、17日のパネルディスカッションとTokyo Swing Ball に参加される予定です。

In addition to Lennart, Sing and Mandi, the following Japanese legends are joining the panel on the 17th.

瀬川昌久
Masahisa Segawa

1950年代にNYCにて著名なジャズダンス評論家のマーシャル・スターンズの教えを直接受けたことがある、日本を代表するジャズ&ジャズダンス評論家。1964年にスターンズは名著「Jazz Dance」を出版する。レナートが他の二人のスウェーデン人ダンサーとともにNYCに向かい、リンディのルーツを探り、アル・ミンツと面会したのが1984年、リンディの世界的リバイバルはそこが起点。しかし瀬川はその10年前の1974年に著作でリンディホップを日本の世に伝えている。1998年、TSDSの山田浩之とともにフランキー・マニング招聘実行委員会を作り、日本のリンディホップ・シーンを立ち上げに加わる。ジャズとジャズダンス関連の著作やレコード・CD等のライナーノーツなどは数えきれない。1924年生まれ。東京スウィングダンスソサエティ顧問。

秋満義孝
Yoshitaka Akimitsu

日本のスウィングジャズのリジェンド・ピアニスト、しかも現役! 1929年8月生まれ。1947年に武蔵野音楽大学ピアノ科に入学して直ぐに請われて中川三郎のセブンマイルハウスでGIのリンディホッパー向けに演奏プロデビュー。この時のリンディホップシーンを実際にステージから見ている貴重な存在。数多くのライブ、アルバム、レコーディングに参加。Teddy Wilsonとの共演やアルバムも制作も。日本のスウィングジャズの歴史そのもののピアノプレーヤー。

中川裕季子
Yukiko Nakagawa

故中川三郎の三女。1945年生まれ。三歳で日劇初舞台。父、三郎は、1935年にNYCのブロードウェイミュージカル Life Begins At 8:40 にソロで出演で大成功を納め36年帰朝、日本の舞台人&タップダンサーの頂点にのぼり詰めた。三郎は戦後、1945年秋に二子玉川で進駐軍相手のジャズライブ&ダンスホール、セブンマイルハウスを開業、そこでリンディホップ(8カウント)、チャールストン、6カウントスウィング(Jitterbug、これをジルバの命名したのは三郎)を目の当たりにする。ここを起点に、当時の日本人には比較的覚えやすかったジルバを、全国展開した中川三郎ダンススクールなどを通して大流行させた。また、三郎とともに中川ツルーパーズとして日本各地の進駐軍のキャンプを、音楽とタップダンスショーのツアーでまわる。クリスマス時期には1日に13ヶ所ものキャンプ公演すらあった。1962年、東宝映画「六本木心中」で女優デビュー。恵比寿に日本初のディスコを開業。1970年代のジャズダンスブームでは1週間に2千人を超える生徒を指導。