Yoko Noge Blues Band 他出演者 / Nov-04 2019

Check out the details of Tokyo Chicago Swing Ball HERE.

Yoko Noge Chicago Blues Band

Yoko Noge (piano & vocals) 野毛ようこ from Chicago, USA
Sam Burckhardt (saxophone & vocals) サム・バークハルト from Chicago, USA
Natsuko F
urukawa (piano & vocals) 古川奈都子
Yoshiharu Hirabayashi (drums) 平林義晴
Masato Kobayashi (double bass) 小林真人
Yutaka Umitsuki (saxophone) 海付豊
Yuri Ishihara (trombone) 石原由理

Yoko Noge: **Chicago Tribune chose Yoko as Chicagoan of the Year in 2006. Newsweek Japan cover story: 100 Japanese the world respects- July 2009 issue, Yoko Noge, Chicago blues singer/ band leader and newspaper correspondent was chosen as one of them. Yoko Noge, a transplant from Osaka, Japan, moved to Chicago in 1984 to pursue her interest in blues music. Already a recording artist for JVC Japan, Yoko soon made Chicago her home. Yoko’s band, the Jazz Me Blues, formed in 1987, melds an incredible mix of Chicago blues, jazz, Japanese music and Yoko’s compositions. The band, composed of Yoko and five legendary Chicago musicians, has performed at the Chicago Blues Festival, the Chicago Jazz Festival, the Asian American Jazz Festival and many special events in the United States and Japan.

Yoko Noge is an inventive band leader/singer/pianist. Yoko’s band, the Jazz Me Blues melds an incredible mix of Chicago blues, jazz, Japanese music and Yoko’s compositions. From 1978 to 2010, the band performed at venues such as the Chicago Blues Festivalthe Chicago Jazz Festivalthe Asian American Jazz Festival. She tours in Europe and Japan regularly. She has been chosen as “Chicagoan of the Year” by the Chicago Tribune and “100 Japanese the world respect” by the Newsweek Japan. In 2014, Yoko was awarded the Foreign Minister of Japan’s commendation for “promotion of understanding between Japan and the U.S.A.

Yoko Noge brings the current iteration of the Jazz Me Blues Band together at the Elastic Arts for the CD release performance of “The Best of Yoko Noge and Jazz Me Blues”, celebrating the 24th Anniversary of the Chicago Asian American Jazz Festival. Featuring: Yoko Noge on piano/vocal, Bill McFarland (Trombone), Phillip Perkins (Trumpet), George Wells (Percussion/Vocal), William “Bugs” Cochran (Drums) and Tatsu Aoki (Bass).

Yoko Noge 野毛ようこ (piano and vocals from Chicago)

ジャズ・ブルースシンガー/ピアニスト。大阪生まれ。高校時代に伝説のブルース・ギタリスト、エルモア・ジェイムスに出会い、ブルースに傾倒。大学時代にヤマハ・ポプコンの関西地区特別賞を受賞。その後、ヨーコ・ブルースバンドを結成し、バンドコンテスト番組のハローヤングでグランプリを獲得し、ビクターから大阪弁で痴漢を歌ったブルース「おっさん、何するんや」でデビュー。アルバム「ヨーコ」を発表。

84年に渡米し、ジャズ・ミー・ブルースを結成。99年にシカゴ・ブルース・フェスティバルに日本女性として初めてバンドリーダーとして出演し注目を浴びた。その後、上海ジャズフェスティバルなど、海外にも活躍の場を広げる。

音楽活動のほか、日本経済新聞記者、シカゴ・アジアン・アメリカン・ジャズフェスティバルの運営、シカゴ市姉妹都市委員会の大阪共同委員長を務めるなど、複数の顔を持つ。 05年にシカゴのコロンビア大学から活躍するアジア人女性を対象にした女性戦士賞を受賞、06年に有力新聞社、シカゴ・トリビューンがその年の最も活躍したアーティストに贈るシカゴアン・オブ・ザ・イヤー賞を受賞**、09年にはニューズウィーク日本版の「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれる。シカゴのスイング・ダンス・シーンとの関わりも深く、90年代からシカゴ・スイングダンス・ソサエティーのリンディホップイベントで演奏を行い、コラボ制作のCDに「struttin’ with yoko」がある。来日時にはこれまで何度もTSDS&SCTのスウィングボールで演奏。14年、米国での長年の音楽や姉妹都市交流の活動が評価され、日本の外務大臣表彰を受賞。

Local TV show 地元テレビ番組 Yoko Noge’s Jazz Me Blues at Green Dolphin Chicago

Sam Burckhardt on Saxophone

Sam Burckhardt (tenor saxophone and vocals) A native of Basel, Switzerland, Sam moved to Chicago in 1982 to join the band of the Blues legend Sunnyland Slim. Through Sunnyland, he performed and recorded with many of Chicago’s Blues musicians, among them Hubert Sumlin, Jimmy Johnson, Willie Smith, Bob Stroger, Zora Young, Big Time Sarah, Erwin Helfer, and Yoko Noge, as well as former Duke Ellington band member Othella Dallas, and pianist Dan Nimmer of the Wynton Marsalis Band. In 1994, Sam was a founding member of the Mighty Blue Kings, one of the biggest bands of the neo-swing movement. Over 70,000 copies were sold of their debut CD “Meet Me In Uptown.” In 1996, Sam helped form a 10-piece jump-swing band, The Big Swing, touring with them until 1998. He formed his own group, the Sam Burckhardt Combo in 1999, and has been playing regularly, since, in Chicago, nationally, and abroad with a line-up ranging from duo to nine-piece band. Sam has recorded thirteen CDs for his own Airway Records label, under his name or with artists such as Zora Young, Hubert Sumlin, and Oscar Wilson. He is the recipient the 2008 Swiss Blues Award.

サム・バークハルド (Ts & Vo) (スイス、べセル市生まれ)は1982年、25歳の時に米国シカゴ市に渡り、シカゴブルースのリジェンド、サニーランド・スリムのバンドに加入、Hubert Sumlin、Jimmy Johnson、Willie Smith、Bob Stroger、Zora Young、Big Time Sarah、Erwin Helfer、そして Yoko Nogeといったシカゴの有名ミュージシャン達と共演、レコーディングしている。 また、デュークエリントン楽団のヴォーカリストを務めたOthella Dallas ウェイトン・マルサリス楽団のピアニスト Dan Nimmerなどの超大物ミュージシャンとも共演している。

1994年、Lindyhop の世界的リバイバルに大きく貢献した伝説のネオスウィングバンド、シカゴのマイティー・ブルーキングス The Mighty Blue Kings のオリジナルメンバーとして活躍。デビューアルバム“Meet Me In Uptown.”は7万枚を超える販売を記録。1996年、10pcのジャンプ・スウィングバンド The Big Swing にも加入、1998年までツアーを行っている。1999年からは自身のバンド The Sam Burckhardt Combo を結成し、デュオから9pcまでの幅広い構成で、シカゴのみならず全米で演奏してきている。自身のレコードレーベル Airway Records のもとでこれまで13枚のCDをリリース。このレーベルでは Zora Young、Hubert Sumlin、Oscar Wilson といったミュージシャンもアルバムを出している。2008 年 Swiss Blues Award を受賞。シカゴのJazz & Blues はこいつにまかせろ!

Natsuko Furukawa 古川奈都子 (piano and vocals)

Natsuko Furukawa is a one of the best jazz musicians in Tokyo as a pianist, vocalist and band leader regarding New Orleans jazz, swing jazz and blues. Her 5-piece band, Natsuko Furukawa and Her Soul Food Café, is well known in Japan as a very professional powerful New Orleans jazz band performing regularly at many jazz clubs, events and restaurants not only in Japan but also in the U.S. and Korea.   Tokyo Swing Dance Society features her 7-piece swing jazz unit, Natsuko Furukawa Swing Orchestra, for their Christmas swing dance every year.  She does also solo play, duo, trio and the other forms depending on the situation perfectly.

5歳よりピアノを始め、早稲田大学在学中よりトラディショナルジャズを軸にした音楽活動を展開。87年より毎年通っているニューオリンズでジャズエンターテイメントを磨き、ジャズスポットやジャズイベント、テレビ、ラジオで活躍中。超一流のヴォーカリスト、ピアニストであると同時にメンバーの能力を最大限引き出す優秀なバンドリーダー・音楽監督。

東京スウィング・ダンス・ソサエティとの関わりは1998年から続いており、2000年のFrankie Manning’s Millennium Birthday Bashで演奏。米国カンサスシティー名誉市民、音楽家協会名誉会員として表彰されている。海外では米国シカゴのスウィングダンスイベントで公演。また最近は毎年のように韓国のダンスイベントに呼ばれ、ソウルや済州島スイングフェスティバルで数百人のダンサーを楽しませている。天王洲キャナルジャズフェスティバル2018で音楽監督を勤めた。

世界1のリンディホッパー、Ryan & Jennyの2011年来日ダンスイベントR&J Swing Ichiban Ballでは、彼らをして「これほど優れたジャズミュージシャンは世界にそういるものではない。ぜひ英国に連れて帰りたい。」といわしめた。

フランキー・マニング生誕99周年記念イベントCelebrating Frankie 2013において、シンシア・ミルマン(Cynthia Millman, Frankie Manning: Ambassador of Lindy Hopの共著者、Frankie Manning 100 in NY 主催者の一人)曰く、「奈都子のバンドは、これまでの私のダンス人生において、間違いなく最も楽しく秀でたバンドの一つ。この日演奏された全ての曲で私は踊りたくなった。米国にも素晴らしいバンドがたくさんあるが、こんな経験をしたことは無い。きっと世界中のスウィングダンサーもこのバンドで踊りたくなると思う。」

The following is a comment about Natsuko’s orchestra from Mr.Chazz Young when he joined SWINGOUT TOKYO 2016.

I enjoyed Netsuko’s band very, very, very much. The songs were up-to-date, and most enjoyable. The musicians were right in there with our best musicians, and they put out a really great beat. It was so wonderful dancing to their music.

“Drop Me off in Harlem” was reminiscent of the old days, where Ella used to sing it. I liked this version!

Of course, “Take the A Train” reminded me of back in the day, all the bands used to play that.

And “Corner Pocket!” These are among my favorite songs.

By Chazz Young

Yoshiharu Hirabayashi  平林義晴  (drums)

東京都出身。尚美高等音楽学院ジャズ科ドラム課程卒。有馬靖彦とデキシージャイヴでプロデヴューし、これまで、ブルースハープの石川二三夫、下田卓KCバンド(初代)、古川奈都子SFC、バンバンバザール、ザ・トラヴェラーズ、下間 哲のユニットなど、長年の日本での演奏活動の後、韓国の大邱(テグ)芸術大学実用音楽科教授に請われて就任。2014年秋に日本に帰国、東京での活動を再開。自身のクァルテットも率いる。

2000年のFrankie Manning 86th Millennium Birthday Bash で演奏。米国カンサスシティー名誉市民。古川奈都子は彼を評して「Swing時代に生まれていればGene Krupaに負けてない!」。日本のSwing Jazzドラマー界の宝。

Masato Kobayashi 小林真人 (double bass)

東京のトラッドジャズ&スウィングジャズのベース界の重鎮にして、真っ先に声がかかると言われる、ガット弦の生音にこだわり続けるリズムマン。

東京都出身。早大ニューオリンズジャズクラブにてダブルベースと出会い、キャリアをスタート。三上和彦や外山喜雄のバンドを経てフリーランスに。

1983年米国サクラメントジャズジュビリーにて大御所マキシン・サリヴァン(vo)の伴奏を皮切りに、数多くの海外ジャズフェスティバルで演奏。国内では北村英治、笠井義正、花岡詠ニ、谷口英治、後藤雅広などの実力派バンドリーダーをはじめ、多方面のバンドの演奏とそのレコーディングは数知れず。

現在はSwingin’ Clarinet DuoDelta4、古川奈都子Soul Food Cafe、三人でベイシー、佐久間和Gutzz+ などで活動中。

Yutaka Umitsuki 海付豊 (saxophone)

テナー、アルト、ソプラノサックスとクラリネットを操るマルチリードプレイヤー。高校時代にサックスを始め、ジャズのライブハウスを中心に腕を磨く。日本を代表するビッグバンド「宮間利之とニューハード」をはじめ多くのジャズユニット、さらに日本のロック界の巨人「矢沢永吉」の40周年記念ライブにも招聘されたベテランの実力奏者。ニューオリンズにも頻繁に通い、妻の古川奈都子とともにジャズバンド「Soul Food Cafe」でスウィング、ニューオリンズのサウンドを演奏。2000年のFrankie Manning Millennium Birthday BashR&J Swing Ichiban Ball 2011Celebrating Frankie 2013, Swingout Tokyoなど、東京のスウィングダンスシーンにこの人あり。米国カンサスシティー名誉市民、音楽家協会名誉会員として表彰される。

Yuri Ishihara 石原由理 (trombone)

9歳でトロンボーン、19歳でジャズに出会う。1991年、ニューオリンズに渡り、ブラックミュージックの基本ビートをマスター。2000年、カンザスシティ名誉市民の称号を受ける。カンサスシティバンド、SFCなどで演奏し、得意のサウンドはブラックにうねるセカンドラインビート。2000年のFrankie Manning’s Millennium Birthday Bash、R&J Swing Ichiban Ball 2011、Swingout Tokyoで毎年演奏。

Satsuki, DJ