Yuka Deguchi & Her Jive At Five

東京のスーパージャズミュージシャン達を配した出口優日 Jive At Five のスペシャルエディション。
そうです、ピアノにヤンシーの登場です!どうぞご期待ください。

Yuka Deguchi & Her Jive At Five ,  出口優日 Jive At Five

Yuka Deguchi (band leader, vocals) 出口優日
Makoto Ueno (tenner saxophone) 上野まこと
YANCY (piano) ヤンシー
Yoshiharu Hirabayashi (drums) 平林義晴
Masato Kobayashi (double bass) 小林真人

July 8th Sunday    2018年7月8日 日曜

19:00 The door opens
19:30 Live band and dance
22:00 The end

Venue: Kyozon/Tokyo Salon (basement floor of Restaurant Las Chicas)

出口優日 Yuka Deguchi (band leader & vocals)

2006年洗足学園音楽大学ジャズボーカルコース入学。同年、第1回さいたまジャズヴォーカルコンテストにて奨励賞を受賞し頭角を表わす。2010年、同大学全学部を通し首席で卒業。

どこまでも伸びる歌声と小柄な体から繰り出される驚異的シャウトは、踊る者の足を止めるほどの実力を持つ。Ryan & Jenny は「天使の歌声、これぞジャズ・リンディだ」と絶賛。古川奈都子曰く、「彼女の歌声は天性。彼女は天才」。日本のジャズヴォーカル界の宝。

出口優日 Jive At Five は、2018年に立ち上げた彼女のリーダーバンド。

Makoto Ueno on saxophone
上野まこと

福島県会津若松市出身。16歳でサックスを手にする。高校卒業後、洗足学園音楽短期大学へ進みジャズを専攻。テナーサックを中村誠一、右近茂に師事。Ben WebsterやScott Hamiltonに憧れ、音色を大切にしたSwing Jazz を探求し、独自のスタイルを確立する。

サブトーンの会ZOO BE ZOO BE ZOOを主催。Gentle Forest Jazz Bandに在籍。カンザスシティバンド、バンバンバザール、今野英明、akiko、ハッチハッチェルオーケストラ、tamamix、小島麻由美、二階堂和美、モッチェ永井、等のサポートやレコーディングに参加。CM音楽や舞台、映画音楽など多方面で活動中。

Yancey on piano
ヤンシー

沖縄生まれのスーパーピアニスト。シンガーソングライターとしての活動の他、様々なアーティストのレコーディングやライブサポートに参加。アレンジャーやサウンドプロデューサーとしても高く評価されておりレコーディング作品やCM作品も多数。

レコーディング及びツアーサポートワーク(抜粋)

関ジャニ、椿屋四重奏、八代亜紀、手嶌 葵、一青窈、植村花菜、ボニーピンク、サスケ、soul bossa trio、アン・サリー、CARAVAN、LEYONA、noon、ヨコタススム、ALEX、、分山貴美子、YAYOI、斉藤花、SOWAN SONG、おおはた雄一、有里知花、ワタナベイビー、黒沢秀樹、大木彩乃、TAYLOR、バンバンバザール、mooney 他

共演

細野晴臣、スガシカオ、Dr JOHN、忌野清志郎、永井ホトケ、他

CM作品

マクドナルド、JR東海、クロネコヤマト、ミサワホーム、フコク生命、四国電力、ウィルコム他

Yoshiharu Hirabayashi on drums
平林義晴

東京都出身。尚美高等音楽学院ジャズ科ドラム課程卒。長年の日本での演奏活動の後、請われて韓国の大邱(テグ)芸術大学実用音楽科教授に就任。2014年秋に日本に帰国、東京での活動を再開。2000年のFrankie Manning 86 で演奏。米国カンサスシティー名誉市民。

有馬靖彦とデキシージャイヴでプロデヴューし、これまで、ブルースハープの石川二三夫、下田卓KCバンド(初代)、古川奈都子SFC、バンバンバザール、ザ・トラヴェラーズに在籍。今は自身のクァルテットを率いる。古川奈都子ソウルフードカフェでは、Duke Ellingtonのキャラバンのスーパードラムソロが特に名演。古川は彼を評して「Swing時代に生まれていればGene Krupaに負けてない!」。日本のSwing Jazzドラマー界の宝。

Masato Kobayashi on double bass
小林真人

東京都出身。早大ニューオリンズジャズクラブにてベースと出会いキャリアスタート。1 9 8 3年米国サクラメントジャズジュビリーにてマキシン・サリヴァン(vo)の伴奏を皮切りに、多くの海外ジャズフェスティバルで演奏。国内では北村英治(cl)、花岡詠ニ(cl)、後藤雅広(cl)の各氏をはじめ、様々なジャンルのユニットで活躍中。

東京のトラッドジャズ界で真っ先に声がかかる超人気ベースマンのひとり。その破壊力はバツグン!!!